post by GRhig7uK | | Closed

ゲームクリエイター

立場によって年収はさまざま

年収の高い仕事として、次に紹介するのはゲームクリエイターの仕事です。
ゲームクリエイターの仕事は、その全ての人が高収入というわけではありません、自分の担当する役職がどの程度なのかによって大きく収入が左右される傾向があります。
それではまず、ゲームクリエイターにはどのような仕事の内容があるのかについて紹介します。

ゲームクリエイターには大きく「企画職」と「開発職」の2つがあります。
企画職というのは、ゲームを作る際のベースとなる企画部分を作成する仕事です。
例えばプロディーサーやディレクター、プランナーなどの仕事がこの企画職に分類されることになります。

開発職というのは、企画職の企画を受けて実際にゲームを作成することになる技術屋です。
ゲームのシステム作成や、グラフィック作成、ミュージック作成など、様々な仕事が含まれます。
企業によって開発のシステムには違いがありますが、復数のクリエイトを兼任するようになっている場合もあります。

収入が多くなりやすいのは、前者である企画職です。
企画職は実際にゲームを作るのに直接関わるわけではありませんが、その代わりにゲームの成功・失敗に大きな責任を背負うことになります。
もし企画が失敗してしまった場合には、プロデューサーやディレクターなどの責任が問われることになるため、その分大きな収入が得られるようなシステムになっていることが多いといえます。

ゲームクリエイターになるには

それでは、ゲームクリエイターとして仕事をしたいという場合には、どのような道筋があるのでしょうか。
ゲームクリエイターは、ゲームソフトの開発会社の社員ということになるため、まずはこちらに就職することが第一歩となります。
会社によっては企画から開発まで全て担当する場合もあれば、企画を中心に行い、開発は外注するような仕組みになっている場合もあります。
自分のやりたいと思っているクリエイトの仕事に合わせて、就職する会社を選択しなければなりません。

こういった会社に就職をしたいという場合、特別な資格などが必要になるわけではありませんが、多くの場合は「専門学校」の卒業を要求されます。
特に開発職に関しては特殊な技術を持っていなければ仕事にならないため、少なくともその分野に関する資格は取得していることが要求されます。

企画職に関しては特別な資格が必要であるわけではありませんが、高い能力を求められることが多いため、学歴が高い人が採用されやすい傾向があります。
必ずそうであるわけではありませんが、大卒以上が就職の条件となっていることも少なくありません。
こちらについては、専門的な学校である必要は必ずしもありません。