Category - 起業する -

post by GRhig7uK | | Closed

サービス業で起業する

世の中にはたくさんの職種、業種が存在しています。
お金を得る仕組みに関しても様々な物があり、自社の作った製品を販売して利益を得るメーカーや、それらを販売店まで運んだり、商品の広告をデザイン、印刷などを行う企業は、利益モデルや、どのように事業展開を行っているのか消費者の視点でもある程度うかがい知ることができます。

しかし、ものではなくて何かしらのサービスによって代価を得るサービス業というのは、行っていることも様々ですし、中々その内容を知ることは難しいかもしれません。
ここでは、サービス業についての紹介と、サービスを主体とした起業について説明します。

サービス業とは

サービス業は、有形のモノではなく無形のサービスを提供することによって代金をもらい利益とする業種です。
このため、行っている事業の範囲は幅広く、良く知られているものでは車の点検や修理を行うものや、探偵などの調査を行ってもらうものです。

いずれも、普通の人ではもっていないような技術や知能を駆使してそれを提供する職種ですが、現在は「経済がサービス化している」ということが言われることもあります。

経済のサービス化とは、業務に際してサービスを行うことで付加価値を高めると言った考え方のことを指し、営業の際に菓子折を持っていくことや、飲食業の接客などで愛想の良い店員としてふるまうことなどが挙げられます。
このため、すべての業種でサービス業に付随するような業務を行っており、今後はさらにこの点が重要視されるようになると考えられています。

サービス業の会社を起業する

サービス業の特徴は、アイデア次第でなんでもビジネスチャンスに変えることができることです。
例えば、ペットシッターはベビーシッターをしている人がついでに動物の世話をしていたことなどから発想され、現在ではそれを専門に行っている業者まであられるようになりました。

起業する際には、自分が普段「ここを代行してくれる人がいたら便利だ」と考えているものや、自分が持っている技術などと合わせて、考えることで世の中に必要とされるようなサービスの展開が可能となります。
また、技術の進歩などによって生活は便利になってきていますが、その分機械によっては扱いが難しいものも開発されています。

このギャップを利用することによって、サービス業の会社として運営することも可能であるため、情報や世の中のニーズに敏感に反応できるかが成功の秘訣となります。