post by GRhig7uK | | Closed

フリーランス~エンジニア~

フリーランスのエンジニアは稼げる仕事か?

IT系人材の中でも最も個人の力量に差がつくのがSEです。
システムエンジニア(SE)はITベンダーもしくはクライアントから直接依頼を受け、要件にあったシステム設計と開発をしていくための仕事です。

自社開発は全体としては少なくなりましたが、依然としてネットワークシステムの構築や保守に関する仕事は数多くありまるので、優秀なSEは多くの場所で仕事をしていくことができるでしょう。

一般的な進路としては高等学校卒業後、情報処理系の専門学校や大学・短大などに進学をし、基礎的な知識を備えたところでITシステム系企業に技術職として就職します。

最初は他のSEの指示に従って要件に沿ったプログラミングを行うPGからスタートをし、そこからSE、さらにはマネージャー職へとキャリアップしていくというルートが取られます。

他の業種と比較してプログラミングやSEの業務は個人の適性や力量によるところが大きく、早い人は10代のうちから非常に優れた能力を発揮することができます。

しかしフリーランスとして安定的な収益を得ていくためには、プログラミングの能力だけでなく収益を挙げられる営業やコネクションを作っていく能力が必要になってきます。

一度は独立をしたものの、結局立ち行かなくなって再び企業に就職するプログラマーやSEも数多くいるので、安易に独立を選ぶ前にまずは高収入を挙げられるSEとしての働き方をイメージしていくようにしましょう。

稼げるSEになれる人はここが違う

通常システム開発は一人だけでなくチームを組んで行うことになります。
ですがシステム開発の全てを自社のみで行うということは少なく、大きなプロジェクトになるほど細かい分業がされるようになります。

フリーランスのエンジニアがきちんと稼いでいくためにはまず、どういった仕事により収益が出やすいかということを経験で知っていくようにします。

独立前に企業に勤務しておく必要もそこにあり、世間的にどういった仕事にいくらくらいの相場が付けられているかということを知っておくようにします。

確実に仕事を得るには、共通の顧客を持つ別企業とパートナーシップを結んでおくということもおすすめです。
Webサイトや印刷物のデザインを行う企業や、定期的に品物を下ろしている商社などクライアントを多く持つ企業と良い関係を築ければ、仕事を回してもらえるチャンスも広がります。

またライバル関係にある同じフリーのSEとも親しくしておくと、単独では受けられない仕事を分業してもらえたりします。

大規模なプロジェクトになると1件あたり数十万円~数百万の予算がつくので、年間複数のプロジェクトに参加をしていけば年収1000万超えも夢ではありません。